投資顧問の比較で最適な会社を見つける|投資に必要なアドバイス

個人でできる不動産投資

会社

少額からの投資が可能

個人投資家でも簡単に不動産投資ができる方法として、証券会社で取り扱われている不動産投資信託を購入する方法が挙げられます。不動産投資信託は証券取引所に上場をしているため、証券会社では個別株と同様に取引時間内で自由に売買ができる特徴があります。また、不動産投資信託は1口で10万円台から購入できるので、資金が少額しかない人には特におすすめの方法となります。不動産投資信託は、運営不動産会社の保有不動産によっていくつかの種類に分けられます。種類としては、オフィスや住宅用ビルへ投資するタイプやリゾートホテルへ投資をするタイプ、物流センターへ投資をするタイプなどが存在しています。それらの種類の特性を理解して、証券会社で不動産投資信託を使い分けることもおすすめです。

利回りの高い金融商品

国内の証券会社で取引ができる不動産投資信託は、他の金融商品に比べると利回りが高い特徴があります。不動産投資信託の多くは、年間の利回りが3%程度となっています。そのため、銀行預金などよりは不動産投資信託で運用をした方が利回りはかなり有利になってきます。したがって、高配当を確保したい投資家には、不動産投資信託がおすすめとなります。日本では今年に入ってマイナス金利を導入するに至っています。マイナス金利が導入されると、今後は国内の不動産市場へ金融機関の資金が回るようになることが期待されます。そのような環境があるだけに、今は不動産投資信託を購入しておくことがおすすめの材料となっています。将来的にはマイナス金利が進むことで、日本の不動産市場が活性化する可能性があるからです。